韓国代表、E-1選手権に臨むメンバー24名を発表…Jリーグからは4名が選出

大韓サッカー協会は21日、12月に日本で開催されるEAFF E-1サッカー選手権2017(旧・東アジアカップ)に臨む韓国代表メンバー24名を発表した。

9日に中国代表、12日に北朝鮮代表、16日に日本代表と対戦する韓国代表は、Jリーグから4名を招集。キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、チャン・ヒョンス(FC東京)、チョン・スンヒョン(サガン鳥栖)の4名が選出されたほか、元Jリーガーのキム・ミヌ(水原三星)やイ・グノ(江原FC)もメンバー入りしている。

韓国代表メンバー24名は以下の通り。

■GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
チョ・ヒョンウ(大邱FC)

■DF
チャン・ヒョンス(FC東京)
チョン・スンヒョン(サガン鳥栖)
クォン・ギョンウォン(天津権健)
ユン・ヨンソン(城南FC)
キム・ミンジェ(全北現代)
キム・ジンス(全北現代)
チェ・チョルスン(全北現代)
コ・ヨハン(FCソウル)
キム・ミヌ(水原三星)

■MF
チュ・セジョン(FCソウル)
イ・ミョンジュ(FCソウル)
ユン・イルロク(FCソウル)
チョン・ウヨン(重慶力帆)
キム・ソンジュン(城南FC)
イ・ジェソン(全北現代)
イ・チャンミン(済州ユナイテッド)
イ・グノ(江原FC)
ヨム・ギフン(水原三星)

■FW
ジン・ソンウク(済州ユナイテッド)
イ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)
キム・シンウク(全北現代)