セレッソ大阪、赤を基調とした「クラブ創設20周年記念ユニフォーム」を発表


日本代表の柿谷曜一朗と山口蛍、そしてウルグアイ代表のディエゴ・フォルランが現在、ブラジルW杯を戦っているセレッソ大阪。 ここまでチームはACLでの敗退に加え、J1でも14節終了時点で暫定ながら13位と低迷しており、中断期間中に今年就任したばかりのランコ・ポポヴィッチ監督が解任。今月16日に新たな指揮官として、ドイツ生まれのイタリア人、マルコ・ペッツァイオリ氏が招聘されている。 ちょっぴり難しい名前のペッツァイオリ(Pezzaiuoli)監督。 イタリア人の父とオランダ人の母のもとドイツのマンハイムに生まれ、キャリアのほとんどをドイツで過ごしてきた45歳にチームの再建が託された。 そのセレッソ大阪が先日、クラブ創設20周年を記念した「20周年記念オーセンティックユニフォーム」を発表している。 Cerezo Osaka 2014 Mizuno 20th Anniversary パッと見た感じどこが違うのかよく分からないが、実はカラーがお馴染みのピンクではなく、クラブの前身であるヤンマーディーゼルサッカー部時代の「ヤンマーレッド」を記念ユニフォームカラーとして使用。 20周年を迎えた今、改めて「原点」を忘れないという意志が込められた。 並べてみると一目瞭然。肩のパイピングの有無など他にも違いが見られる。 この記念ユニフォームは、中断明け2戦目となる7月19日の横浜F・マリノス戦、および8月9日のFC東京戦のホームゲーム2試合で着用予定。

アトレティコ、2015-16新ユニフォームは二冠20周年の記念デザイン?


昨季、18年ぶりのリーガ制覇に加えCLでも決勝へ進出したアトレティコ・マドリー。OBであるディエゴ・シメオネ監督のもと非常に充実したシーズンを送った。 主力が複数引き抜かれた今季もここまでリーガで3位に付けており、虎視眈々と2強崩しを狙う状況。8日には4位バレンシアとホームで対戦。コケのゴールで先制したが後半に追いつかれ、試合は1-1の引き分けに終わっている。 アトレティコは1995-96シーズン、ラドミル・アンティッチ監督とともにリーガとコパ・デル・レイの二冠を達成。 それから20年に当たる来季は20周年の記念デザインになると噂されており、伝統の「ロヒブランコ」、赤と白のストライプをベースに当時と同じく赤線の両側に細いラインを入るようだ。下はリークされた画像。 Atlético Madrid 2015-16 Nike Home (Leaked)画像は正直やや怪しいが、印象としてはこんな感じになるのではないかとみられる。 二冠当時のアトレティコ。前列向かって左端がシメオネ。

スウェーデン、POを前にEURO2016に向けた新ユニフォームを発表!


スウェーデンはワールドカップで2010、2014と2大会連続の予選敗退を喫したものの、EUROでは2000年大会から連続出場中。5大会連続の出場に向けて今月、隣国デンマークとの予選プレーオフに臨む彼らが5日、新ユニフォームを発表した。 Sweden 2016 adidas Home 2013年にUmbroから再びサプライヤーをadidasへ変更したスウェーデン。 それから3代目となる2016モデルのデザインは、黄色と青を組み合わせたシンプルなデザインを採用。身頃には光沢のあるボーダー柄が取り入れられている。 先に発表されたデンマークの新ユニフォーム同様、adidasの象徴“スリーストライプス”は脇へ! また、背面の首元にはこれまでの「SvFF」(Svenska Fotbollförbundet、スウェーデンサッカー協会の意)ではなく、スウェーデン語の国名である「SVERIGE」の文字が新たに入れられている。 34歳になったエースのズラタン・イブラヒモヴィッチ。果たして今回のEUROにも出場することができるのだろうか。 デンマークとのプレーオフは、14日と17日に行われる。

横浜F・マリノス、2017ホーム新ユニフォームを発表!大胆な「スピードグラフィック」


2016シーズンは1stステージ11位、2ndステージ7位、年間成績では10位に終わった横浜F・マリノス。前年から3つ順位を下げた彼らは、荒れ模様のオフシーズンを過ごしている。 経営陣のドラスティックな改革に、MF中村俊輔(磐田)、MF兵藤慎剛(札幌)、DFファビオ(G大阪)、GK榎本哲也(浦和)ら有力選手が次々と移籍を決断。昨季獅子奮迅の活躍を見せた日本代表FW齋藤学も退団が噂されている。 気になる補強面では、中心選手として期待されるFWウーゴ・ヴィエイラ(ツルヴェナ・ズヴェズダ)のほか、MF扇原貴宏(名古屋)、DF松原健(新潟)、DF山中亮輔(柏)などを獲得。 新戦力と若手を中心とした既存戦力をどのように組み合わせるのか。3年目を迎えるエリク・モンバエルツ監督の手腕が試される。 Yokohama F. Marinos 2017 adidas Home 横浜FMは15日、2017シーズンの新ユニフォームを発表。 ホームは『スピードオブトリコロール』をコンセプトに、現代フットボールの勝利に必要不可欠なスピードを、マリノスブルーを中心とした「スピードグラフィック」で大胆に表現。 さらに、港町横浜、トリコロールのプライドを、白のスリーストライプスと赤のアクセントカラーで表現している。 グラフィックが目を引く一方、全体としては横浜F・マリノスらしい仕上がり。「新生マリノス」を予感させる。

ユヴェントス、2017-18新アウェイユニフォームを発表!80年代テイストだ


セリエAは前人未到の7連覇に期待がかかるユヴェントス。6月7日に発表されたホームユニフォームに続き、アウェイユニフォームが6月30日に発表となった。モダンなデザインの新エンブレムに、どうしても目を奪われてしまう。 Juventus 2017-18 adidas Away 新しいアウェイユニフォームは、2013-14シーズン以来のイエローがベース。首周りやエンブレム、メーカーロゴなどにはブルーを配色している。この2色は地元トリノの紋章や旗に使われている色だ。 中央のスクデット・パッチと右胸のコッパイタリア・パッチは、オプションでのプリントとなる。 全体的なデザインは、優勝した1983-84シーズンのカップ・ウィナーズ・カップで着用した、80年代のKappa社製アウェイユニフォームに近い感じ。生地にはさり気なくピンストライプが入っている。 発表されたときは驚きを隠せなかった、新しいエンブレム。企業のブランドロゴのように洗練されたデザインだ。 パンツはブルーをベースに、スリーストライプスにイエローを配色。ソックスにはエンブレムとメーカーロゴのグラフィック入り。 新しいアウェイユニフォームは、adidas公式ショップとクラブ公式ショップで、7月1日より販売が始まっている。

水戸ホーリーホック 2018新ユニフォーム ホーム


水戸ホーリーホックは西ヶ谷隆之監督3年目の2017シーズン、松本山雅FCから期限付き移籍で加入した前田大然が大きな話題に。 前半戦はクラブ記録の13試合無敗で一時4位に浮上。ただ、最終的には14位に終わっており、西ヶ谷監督はシーズン終了をもって退任となった。新たな指揮官はまだ発表されていない。 Mito Hollyhock 2018 GAViC Home その水戸の2018シーズンに向けたホーム(1st)ユニフォームは、『Re:design(リデザイン)』がデザインコンセプト。 水戸がまだJリーグへの参入を目指していた頃、ユニフォームには歴代で唯一、水色が使用されていた。その水色を新ユニフォームではすべてのモデルに再現し、新たな水戸の挑戦を後押ししている。 さらに、メイングラフィックには、古くから日本のプロダクトデザインに用いられていた「檜垣(ヒガキ)柄」を採用。 檜垣柄は現代でも身近なところに使用されている日本の伝統模様。クラブという存在が関わる人々にとって身近な存在であることを表現している。 日本代表ユニフォームを先んじている?と時々話題の水戸。歴史あるホームタウンに拠点を構えるクラブならではといえる今回のデザインも、そのうちもしかしたら? ちなみに、ナンバーとネームのフォントはユニフォームに合うよう、毛筆に近い表現のデザインを採用している。