まさに怪物!日本代表を“涙目“にさせた6人のアフリカ人

本日、日本代表はアフリカのマリ代表と国際親善試合で対戦する。

そこで今回は、過去に日本代表を苦しめたアフリカ人選手を特集しよう

オグヘネカロ・エテボ(ナイジェリア)

エテボ

まずはリオ五輪での衝撃が記憶に新しいこの男だ。

資金難を巡る問題から、ナイジェリアが現地に到着したのはなんと試合開始の6時間前!しかしその疲れも何のその、準備万端で開幕を迎えた日本代表からエテボは4ゴールを記録し、個の力で勝利をもぎ取った。

ちなみにナイジェリアの“お金”を巡る騒動はその後も続いたが、日本戦での奮闘に感動した高須クリニックの高須克弥氏から支援を受け、大会で見事に銅メダルを獲得している。

ディディエ・ドログバ(コートジボワール)

ドログバ

プレミアリーグの猛者たちをも震え上がらせたサッカー史上最強とも言えるフィジカルモンスター。日本もその餌食になった。

2014年W杯コートジボワール戦、1点をリードした日本だったが、ドログバ投入によって優位性は完全に喪失。当時の彼はすでに36歳という年齢だったが、鬼のような屈強さで守備陣をブチ壊して逆転劇につなげた。

実はドログバはあの試合でゴールもアシストもしていない。にもかかわらず誰よりも強いインパクトを残しており、この一戦で日本人はドログバの本当の“強さ・怖さ”を知ったといえる。

対峙した森重真人も「ドログバが入って臆病になってしまった」と吐露している。

セルジュ・オーリエ(コートジボワール)

2014年ワールドカップのコートジボワール戦はドログバのインパクトがあまりにも強烈だったが、セルジュ・オーリエの恐怖も記憶に新しい。

この試合でに2ゴールはいずれもオーリエのクロスから生まれており、まさにMVPに近い活躍を見せチームの勝利に貢献した。

大会後、オーリエはトゥールーズからPSGへと移籍しており、この日本戦がキャリアの大きな転機になったことは間違いない。

クインシー・オウス=アベイエ(ガーナ)

クインシー

 

U-20オランダ代表時代の話だが、その衝撃度において今なお語り草となっているのが、2005年ワールドユース日本戦でのクインシーだろう。

アヤックスのユースで育ち、アーセナルでデビューした“早熟の怪物”は、異次元の身体能力とドリブル技術で中村北斗(現V・ファーレン長崎)を子供扱いに。日本は本田圭佑らが数人がかりで防ごうとするも全く歯が立たず、文字通り“ちんちん”にされた。

日本人は伝統的にアフリカ系の選手を苦手としている。しかし、ここまで“無双”されたのは後にも先にも記憶にない。

ヨディ・ルコキ(コンゴ民主共和国)

ルコキ

日本人に“クインシーの恐怖”を蘇らせたのがルコキだろう。

ザイールの首都キンシャサ出身だが、クインシーと同じくアヤックスの下部組織で育った彼は、期待のウィンガーとしてオランダ代表に選出。2012年のトゥーロン国際に出場し、グループステージで日本と対戦した。

日本はこの試合で3-2と逆転勝利したが、ルコキには好き放題にされた。試合後、対峙した比嘉祐介 (現東京ヴェルディ)が語った「あいつ史上最強だった」という言葉は今や伝説である。

なお、彼は後にルーツのコンゴ民主共和国の代表に鞍替えしている。

ベニ・マッカーシー(南アフリカ)

ベニ・マッカーシー

2000年のシドニー五輪、1999年のワールドユースで準優勝をしたメンバーにその上の世代が絡んだ日本代表は黄金世代と呼ばれた。

小野伸二を怪我で欠いたものの、中田英寿、中村俊輔、稲本潤一らそうそうたるメンバーは五輪での上位進出の期待感を持つには十分すぎるものだった。その日本をひやりとさせたのが初戦の南アフリカ戦である。

日本はブラジル相手の勝利は可能性が高くないことから、スロバキア、南アフリカを相手にどれだけ勝ち点を稼げるかが焦点であった。しかし、初戦の南アフリカも侮れないチームであった。

マンチェスター・ユナイテッドでプレーするクイントン・フォーチュンに注目が集まったが、後にウディネーゼ入りするシヤボンガ・ノンヴェテ、そして何より怖かったのが当時セルタでプレーしていたベニ・マッカーシーである。

当時日本テレビのアナウンサーだった船越雅史が実況を担当し、この試合で「実況アナ」として自分の地位を確立したが、それだけ壮絶な試合であった。

マッカーシーがボールを持つたびに、ただ単に船越アナが「マッカーシー」と呼ぶだけで、そのドリブル突破から得点を連想させるシーンが作られる恐怖に身がすくんだものだ。

日本は高原の2ゴールで先制されながらも逆転勝ちをおさめるのだが「一人の凄い個」に組織がもろく崩れていくシーンは試合結果以上に冷や汗をかき、何度恐怖におののいたか…今でも忘れられない1シーンである。

日本代表デビュー戦で好守連発のGK中村航輔「日本を背負って立ちたい」

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールで1-0と日本が辛くも勝利を収めた。試合後、この試合で日本代表デビューを飾ったGK中村航輔(柏レイソル)がフラッシュインタビューに応じた。

試合はスコアレスで迎えた後半アディショナルタイム4分、川又堅碁の左からのクロスを今野泰幸が頭で折り返すと、走り込んでいた井手口が弾道を抑えたミドルを突き刺し、日本が最後の最後で決勝点をマーク。そのまま1-0で終了した。

「チームとして勝利を目指す中で、自分も貢献できたんじゃないでしょうか。」

「(初代表の緊張感は?)こういう試合ですとか、苦しい試合を乗り切って日本を背負って立ちたいですね」

「リーグと変わらずいつも通りプレーできたと思います」

“逆転”でのW杯出場を目指す、日本代表選手の元「常連組」たち

2018年ワールドカップまであと140日ほど。

欧州主要リーグでは移籍マーケットも終了し、出場機会を求め多く選手が活躍の場を移した。またJリーグも開幕を間近に控えており、23人という日本代表の最終登録メンバーをめぐるバトルも熾烈になるはずだ。

そこで今回は“逆転”でのワールドカップ出場を目指す、日本代表のかつての常連選手を5人ピックアップしてみた。

1. 内田 篤人

生年月日:1988/03/27 (29歳)
所属クラブ:鹿島アントラーズ(JPN)
ポジション:DF
日本代表での成績:74試合2得点

 

2年近い負傷期間を経て、ついに復活を果たした内田篤人。

ウニオン・ベルリンでの生活を半年で切り上げ、ついに8シーズンぶりに鹿島アントラーズへの復帰が決定した。

ワールドカップのためだけに復帰したわけではないと話しているが、それでも「ここで逆転したらめっちゃカッコイイですよね」と発言するなど、やはり大舞台への出場を諦めているわけではない。

なお、内田が最後に日本代表に招集されたのは2015年3月のこと。実績は十分とは言え、本当に本登録メンバーに入れば歴史的な“逆転劇“となるだろう。

2. 森重 真人

生年月日:1987/05/21 (30歳)
所属クラブ:FC東京(JPN)
ポジション:DF
日本代表での成績:41試合2得点

ヴァイッド・ハリルホジッチ政権において、吉田麻也のパートナーとしてコンスタントに試合に出場していた森重。

しかし、昨年の3月を最後に招集されておらず、6月の記者会見ではハリルホジッチ監督が森重について「このところのパフォーマンスに満足していない」と指摘する場面もあった。

2017シーズンは左腓骨筋腱脱臼の影響で7月以降のゲームに出場しておらず、もちろんEAFF E-1選手権に向けたメンバーにも入ることができなかった。

すでに怪我は完治しており、先日行われたバヤンカラとのプレシーズンマッチでも得意のヘディングで先制点をマーク。植田直通や昌子源らとのポジション争い…その行方は?

3. 清武 弘嗣

生年月日:1989/11/12 (28歳)
所属クラブ:セレッソ大阪(JPN)
ポジション:MF
日本代表での成績:43試合5得点

アルベルト・ザッケローニ政権後、日本代表の常連であった清武弘嗣。

一時は代えの利かない存在として中盤に君臨していたが、負傷もあり昨年は6月、9月、10月、11月と4つの代表ウィークでメンバー落ち。12月のEAFF E-1選手権でも再び怪我をし、試合に出場することなく途中離脱となった。

所属するセレッソ大阪はカップ戦で二冠を達成するなど調子が良いが、水沼宏太の台頭もあり、清武にとってはまずはクラブ内でのポジション争いが待っている。

4. 西川 周作

生年月日:1986/06/18 (31歳)
所属クラブ:浦和レッズ(JPN)
ポジション:GK
日本代表での成績:31試合0得点

日本代表の常連だった西川周作。その絶対的な地位が揺らいだのは、昨年5月だった。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は記者会見で「パフォーマンスにあまり満足していない」と話し、イラクとのワールドカップ予選に向けた招集メンバーから外したのだ。

その後西川は9月、10月の代表戦でも招集されず、11月の欧州遠征で復帰。この間、柏レイソルGK中村航輔が選ばれており、12月のEAFF E-1選手権でも素晴らしいセービングを発揮しハリルホジッチ監督に強い印象を与えた。

ハリルホジッチ監督にとって、中村航輔はもはや本大会に向けた重要な主力候補の一人であるはず。西川は今、逆転でのメンバー入りを狙うという状況にあるかもしれない。

5. 中村 憲剛

生年月日:1980/10/31 (37歳)
所属クラブ:川崎フロンターレ(JPN)
ポジション:MF
日本代表での成績:68試合6得点

最後はJ1優勝チームから!もちろん、この37歳の司令塔にもロシアへの道は開かれている。

ヴァイッド・ハリルホジッチ政権後に招集された経験はないが、昨年8月に発表されたワールドカップ予選の予備登録リストに中村の名があった。

11アシストを記録した2017シーズンの活躍もハリルホジッチ監督にはもちろん届いており、「サプライズ招集」という形で登録メンバー入りする可能性もゼロではないはずだ。

中村の待望論はファンの間でも根強いが、果たして…。

www.sports-instyle.comは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

 

日本代表 18/19 ユニフォーム ホーム激安通販

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます!

今日紹介します商品は、日本代表 ユニフォーム(18/19 ホーム)です

来年2018年、ロシアの地で6度目のワールドカップに臨む日本代表。

今週からブラジル(10日)、ベルギー(14日)という世界的な強豪と対戦する彼らの新しいユニフォームが6日に発表された。

Japan 2018 adidas Home

日本代表 新ユニフォーム

今回の新ユニフォームは、6大会連続で出場するワールドカップを戦うにあたって、勝利への魂で染め上げた『勝色』をベースカラーに採用。

勝色(かちいろ)とは、日本の伝統色である深く濃い藍色のこと。武将たちが戦いに挑む際に身にまとった、鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地において、もっとも濃い色とされている。そして、その勝色の深く濃い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝わっている。

この伝統的な『勝色』をホームユニフォームのベースカラーに採用することで、藍染というジャパンブルーの原点に立ち返り、来年のワールドカップでの勝利をイメージしている。

日本代表 新ユニフォーム

目を引くのは、日本サッカー協会(JFA)の新しいエンブレムが輝く前身頃に入れられた、独特の模様だ。

これは、歴史を紡ぐ糸をイメージした「刺し子柄」。2018年は、ワールドカップ初出場から20年を迎えた節目の年であり、これまでの日本サッカーの歴史を築いてきたあらゆる選手やスタッフ、サポーターたちの想いを紡ぎ、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められている。

Vネック部分には、侍の着物の前あわせ部分からインスピレーションを受けた形状の「VICTORY RED(ビクトリーレッド)」を配置。

 

オーセンティックユニフォームでは、フットボールに特化して独自のアレンジを施したテクノロジー「CLIMACHILL(クライマチル)」を搭載。

極細の糸を採用し、優れた速乾性・通気性・冷却性を実現。丸みを帯びた着丈形状については、よりモダンなルックスと動きやすさを両立したデザインとなっている。

日本代表 ユニフォームの関連商品なら、弊社へどうぞ。騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

日本代表 ユニフォーム激安通贩

日本代表 12/13 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ

メーカーカラー:ジャパンブルー*ポップ
シーズン:12/13 素材:ポリエステル100%

商品詳細:
サッカー日本代表は、公益財団法人日本サッカー協会 (JFA) によって編成される日本のサッカーのナショナルチーム。

商品特徴:
1.サポーターの観戦時の着用を目的に作られたレプリカモデルの為、横幅などに余裕のあるシルエットを採用しています。

2.優れた通気性と熱を素早く逃がし、冷却を行うクーリング機能を搭載。

3.襟回り、両サイドなど適所にメッシュ。通気性に優れています。

4.背中には通気性、汗処理に優れるボーダーメッシュを採用。

www.sakkaknight.com激安通販日本最大級スーパーコピー専門店、様々なスポーツ用品を提供しています