ヴォルフスブルク、NIKEによる2016-17新ユニフォームを発表!また“逆”に


昨季CLに出場し、ベスト8まで勝ち進んだヴォルフスブルク。しかし、メインスポンサーであるフォルクスワーゲンに排出ガス規制不正問題が発覚したこともあってか、リーグでは8位に終わった。 ヴォルフスブルクはフォルクスワーゲンのお膝元だけに不正問題の影響は避けられそうにないが、2012年から指揮を執るディーター・ヘッキング監督のもとで引き続き上位進出を狙う。 VfL Wolfsburg 2016-17 Nike Home ヴォルフスブルクはKappaと2019年までの長期契約を結んでいたが、その契約を買い取り、新たにNikeと9年間のサプライヤー契約を締結。注目の新ユニフォームは両者の未来を表すかのような明るいネオングリーンのキットを採用している。 ちなみに、ヴォルフスブルクは2004年から2009年にかけてもNikeのサポートを受けていた。 VfL Wolfsburg 2016-17 Nike Away アウェイは白を基調にしたデザイン。 実はヴォルフスブルク、ホームユニフォームの色が緑だったり白だったりする珍しいクラブで、2015-16モデルはホームが白、アウェイが緑だった。つまり今回、再びカラーを入れ替えたということになる。